薬剤師の転職と仕事内容について

薬剤師は薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社など、様々な場所で活躍しています。

 

薬剤師が最も多く活躍しているのは調剤薬局ですね。調剤薬局というのは、外来で医師に診察をしてもらった患者さんが処方箋をもって薬を受け取りに来る店舗です。たいていの調剤薬局は病院やクリニックの近くに位置することが多く、クリニックの場所に近いということから駅前にも多くあります。通勤しやすくの交通の便が良いとか、クリニックの休みの日が決まっており薬剤師としても予定を立てやすいというのも人気の1つなのかもしれません。

 

では薬剤師の具体的な仕事内容には、一体どんなものがあるのか、もう少し説明していきます。

 

まず病院での具体的な仕事内容としては、病院で勤務する医師からの処方箋の内容についてチェックを行い、薬を求める患者に一番適した薬を調剤することがあげられます。また、病院という性格上、高度な治療を行ったり、急性期の患者さんの治療を行うことも多く、そうした場合、独自の製剤を行うことも良くあります。さらに、終末期医療として、麻薬調剤をすることも多いというのも病院の特徴ですね。調剤薬局で麻薬調剤の資格を持っているところはまだ少なく、麻薬調剤をするのなら現状としては病院ということになると思います。もっとも、今後は、自宅で最期を迎えたいという在宅医療の患者さんが増えてくれば、調剤薬局の薬剤師が訪問を請け負い、あわせて麻薬調剤も必要になってくると考えられますので、今後は、枠組みが変化していくことは十分考えられます。

 

求人先をハローワークで探すのか、あるいは別の手段を使って探すのかという違いはあっても、今後必要なスキルや能力を踏まえながら求人を探すというのは大切なことです。

薬剤師求人 ハローワーク

 

さて、病院薬剤師は、外来や入院中の患者が適切な薬の使用を行えるように、薬の使用上の注意などを伝えることも大きな仕事です。薬剤師にとって、患者から薬に関する相談に応じることは大切な業務です。 薬剤師の方に薬に関して相談したことがある方も多いと思います。健康な生活を送るために、薬剤師の存在は不可欠です。

 

次に薬局での仕事内容について説明します。 調剤薬局とは、病院やクリニックの近くに存在しており、患者が病院やクリニックに行った後、処方箋に基づいて薬を処方します。また、 処方箋に基づき医薬品を調剤したり、薬の飲み方、安全上必要な情報の提供をする必要があるという点において、病院での仕事内容と同様だと言えます。 病院やクリニックの近くに位置する場合、その病院やクリニックの処方せんを扱うことが多くなります。近くのクリニックの発行した処方せんの調剤ができないことは薬局に訪れた患者さんに迷惑がかかりますし、また処方箋を取りこぼすことは経営上も問題ですので、普段扱う科目の薬については在庫を切らさないように注意します。また処方された薬が未扱いとならないようにクリニックの医師と連携をとることも必要となります。

 

製薬会社では主に新薬開発や、薬の効能チェックなどが主な仕事です。研究開発だけでなく、営業として薬を販売する業務に携わることもあります。なお、製薬会社の薬を扱う営業について、医薬品情報提供者(MR)として高度な知識を持った営業として重宝され、MRとして優秀な場合は高給与となる場合もあります。

 

このように、薬剤師の仕事内容は多様化している状況だと言えます。様々な職場で働き、重要な業務をこなすことが多い薬剤師ですから、薬剤師を欲しているという求人もまた多いという状況です。

 

忙しい中で求人を探していくのは少々大変ですが、そのあたりは転職サイトのサポートを上手く使いながら、時間を有効活用して転職に成功していいる薬剤師は多数いるようです。

 

福岡で転職を考えている薬剤師は多いですが、薬剤師としての今の自分のスキルをより向上させる意識の強い薬剤師が求人先にも好印象を与えるということはよくあるようです。

薬剤師求人(福岡)